筋肉をつけたら,モテるよっ!(外国人に)
あなたにとって筋力トレーニング
をする目的は何ですか?

 

健康のため?

運動能力の向上のため?

夏を目前に、たるんだお腹を引き締めて
胸板や腕を強調させたいから?

 

異性、同性を問わず
見た目が良くなったアナタには
確実に多くの視線が集まります。

スタイルの良さはスーツの上からでも強調
され、洗練されたイメージを与えることが
できるでしょう。

 

sexy business guy

どうも、ひのまるです。
今回は筋肉をつけるための最適な拳上回数
について説明します。

 

筋肉をつけるためには筋力トレーニングを
行なうわけですが、何回ぐらいの上げ下げ
をおこなう必要があるのでしょうか?

 

 

筋肉をつけてカッコ良くなるための最適な拳上回数とは?

最適な拳上回数はその目的
によって若干異なります。

例えば、

  • 実践者の運動レベル
  • 実践者の計画
  • 筋力トレーニングによって
    何を得たいのか
  • 筋力トレーニングの種類、方法

など、、、。
「筋肉を大きくさせて見た目を良くしたい」
という目的であれば、次の②つの手順
に注目してください!

  1. 1セットで8~10回、1分ほどの休憩を
    はさんで3セット繰り返す。
  2. 3セット数を終了時、これ以上は
    拳上できないという状態を目指す。

要するに、3セットめで力を使い切る
ように努力する」
ということです!

 

もし、まだまだ拳上できる状態が続く
のであれば、筋力をつけるには効果的
ではなく、スタミナアップや脂肪燃焼と
いった有酸素運動的な役割として
機能
してしまいます。

反対に、もっと少ない回数で限界に
達してしまう場合も役割が変わってしまい、
今度は「力強さ」をつけるトレーニング
になってしまいます。

 

 

トレーニングを始めたばかりの方が陥りやすい罠とは?

確かに、筋肉を大きくするには
「重いものを持ち上げた方がいい」
というイメージがあるかもしれませんが
実はそうとは限りません。

 

筋力トレーニングを始めても
すぐに諦めてしまうかたに多いのが、

「早くカッコイイ身体を手に入れたい!」
という思いが強すぎるあまり、負荷の強い
種目を選んでしまったり、最初から多くの
セット数をこなそうとしてしまいます。

 

その結果どうなるのか?
無理なトレーニングは筋肉だけではなく
関節までも壊してしまいますし、
筋肉痛が痛すぎて夜も眠れない、
次のトレーニング予定日も身体を動かす
ことができない状態が続き、遂には
途中で放りだしてしまいます。

ですから、1セットにつき拳上できる
回数が8~10回の種目を選んで
スタート
してみましょう。

 

始めの内は、自分の適性の重りや種目を
見つけだすのに、じっくりと時間を
使ってください。

 

自分の位置さえ分かってしまえば、
スーパーセクシーへの道を一歩ずつ、
確実に、登っていくだけです!

successsed man

次のレベルへ移動する最適な時期とは?

自分の許容範囲を超えた
レベルへの挑戦は問題ですが、
慎重になり過ぎてもいけません。

例えば、1か月、半年経っても同じレベル、
同じ種目をしているようでは筋肉に
負荷がかかっているとは思えません。

 

毎回1セット8~10回を目指している間に、
「少し余裕がでてきたな」
「次のレベルに挑戦してみたい!」
と感じ始めたら

ほんの少しだけレベルを上げて
身体の反応を確かめてみてください。

 

結局のところは、基本のルールに
従いながら自分の身体と相談し、
次のトレーニングのタイミングと負荷を
微調整していく。

これが分かりやすい、次のレベルへ移動
する最適な時期の判断材料と言えます。

 

 

まとめ

最後に重要なポイントをおさらいします。

「筋肉を大きくさせて見た目を良くしたい」
という目的であれば、
次の②つの手順に注目してください!

 

  1. 1セットで8~10回、1分ほどの休憩
    をはさんで3セット繰り返す。
  2. 3セット終了時、これ以上は拳上
    できないという状態を目指す。

 

要するに、
【3セットめで力を使い切るように努力する】
ということでしたよね?!

できれば、身体の反応を確認したら
簡単でもいいのでメモしておきましょう。

 

前回はどこまで進めたのか?
今回はどこからスタートすればいいのか?

それらを確認することを省くだけでも
異性の視線を釘図けにする魅力的な
身体
への道は確実に早まります。

 

最後までお付き合いしていただいて
ありがとうございます。

次回も確実に興味深い情報を
お伝えしようと全力で頑張ります!
SEE YOU NEXT TIME !