どうすれば筋肉はたくましくなるのか?
それに必要なモノは何か?
それを効果的にする方法?

その前に、絶対押さえておかなければ
ならないポイントがあります。

 

人間の身体にはさまざまな筋肉があり、
笑う、話す、食べるといった日常の動作、
動く、走る、当然セックスといった

欲を満たす行動から、排せつ、心臓の
動きや呼吸など、生きていくためには
絶対に欠かせない存在です。

 

その筋肉がどのような状態かによって、
健康や運動能力、肩幅やくびれなどの
体型を形作り、アナタの人生を変えてしま
うくらい精神的に大きな自信を与えます。

 

アナタはトレーニンングによって
身体をある程度、好きなようにデザインし、

  • 胸板を厚くする
  • 太くたくましい腕を作る
  • 鬼のような背中
  • 力強い足腰
  • 見事に割れた腹筋
  • 身体全体をセクシーに
    引き締めることも可能です!

recover muscle

どうも、ひのまるです。
素晴らしい可能性を秘めた筋肉。

筋肉はとてもユニークで、使えば使うほど
強くなる・性能が良くなる、鍛えように
よっては太く大きくなる・引き締まる
といった特徴があります。

 

しかし、筋力トレーニングの最中に
筋肉が強く大きくなるのではありません。

実は、筋肉が受けたダメージを修復する
最中にその効果を得ることができます。

 

今回は、筋肉をつけるために必ず必要な
「超回復」について説明します。

筋肉を 新しく生まれ変わらせるには
闇雲に体を動かしても効果はありません。

筋肉を思い通りにデザインし
理想の身体を手に入れるために、
どのよう筋肉がつくのかを知っておきましょう。

 

 

筋肉が太くたくましくなる仕組み「超回復」とは?

何故、筋力トレーニングをすると
筋肉は太くなるのでしょうか?

その秘密は、「超回復」という作用にあります。

筋力トレーニングをすると筋肉は「破壊」されます。
ですが、人間には「自然治癒力」が備わっており、

そのダメージを修復する過程で
「同じような衝撃を受けても耐えられるように強くなります」

 

例えば、
・転んでヒザを擦りむいたとしてもその傷がふさがる
・骨折した部分をギブスで固定しておけばくっつく
・カゼを引いて寝込んだとしてもしばらくすると治る

それらの症状が治った後、
・傷周りの皮膚は硬くなります
・骨は折れないように強くなります
・体は同じウイルスに対して強くなります

それらと同じことが筋肉にも起こり、
ダメージを受けた筋肉はその回復の過程で
強くたくましく生まれ変わるわけです。

 

誰もが持っているこの素晴らしい能力により、
・重いものを持ち上げられるようになる
・高くジャンプできるようになる
・疲れにくくなるなどの運動能力が高まる
さらに、体つきをセクシーで魅力的にさせるわけです。

 

 

体をセクシーで魅力的に変化させる「超回復を得るには?

「超回復を得るには、タイミングが全て!」
筋肉が回復したころを狙ってトレーニングする必要があります。

fitness model guy

例えば、
筋肉が回復する前にトレーニングをしたとしても
強く生まれ変わる前に破壊されるだけで逆に弱くなります。

「超回復」をして強くなった筋肉も、
休養期間を空けすぎると元のレベルに戻ってしまいます。

元に戻った筋肉 ➡ トレーニング
➡ 長過ぎる休養 ➡ 元に戻った筋肉

これだと、同じことの繰り返しになってしまいます。(泣)

 

健康増進のためだけに行なうのであれば
それだけでも効果は望めますが、

筋肉をつけてカッコイイ身体になりたいのなら
「超回復」の終わり際を狙って、
もう一度トレーニングをする必要があります。

 

 

最高のタイミング!「超回復」の終わり際を見極めるには?

残念ながら、超回復の終わり際を
完全に見極めることはできません。

Rhythm of recover

その理由は、
・年齢や性別
・運動経験
・トレーニングの量
・どのようにして休養するか?

体の部分においても回復の時間が異なり、
・腹筋やふくらはぎのような小さな筋肉は24時間
・胸や背中のような大きな筋肉は48時間
・脚の筋肉の回復には72時間
このように多くの要因によって変化するからです。

 

ですから、これから筋力トレーニングを
始める方にアドバイスできることは、

・全身を広く浅くトレーニングすることから始めて、
週に2回、必ず1日以上空けて行なってみてください。
慣れてきたら、回数を増やして体の調子をみてみましょう。

・上半身と下半身、分けてトレーニングする場合も
週、もしくは月単位で、各部分をバランスよく
トレーニング、そして休養できるように計画しましょう。

 

 

まとめ

筋力トレーニングも仕事の作業や、スポーツなどの運動、
勉強の語学のようにドンドン上手くなっていきます。
特に難しく考え過ぎないようにしてくださいね。

最後に重要なポイントをおさらいします。
「筋肉を太く強くするには「超回復」が必要」

ですから、トレーニング・休養の間隔のバランスを
考えて、トレーニング計画を立てるようにしてくださいね。

最後までお付き合いしていただいて
ありがとうございます。

次回も確実に興味深い情報を
お伝えしようと全力で頑張ります!
SEE YOU NEXT TIME !