野球の投球、サッカーの蹴る動作、
ゴルフのスイングや、テニスのスマッシュ、

バレー、バスケ、格闘技においても、
その全ての動きは、身体の内側で
生まれた力を手足に伝えて起こります。

 

【運動選手にはなくてはならないモノ】

 

実は、アスリートの力の源である部分を、
私たちも同じように日常生活の中で
常に機能させています。

 

ですが、その機能は使わない、
または加齢により次第に衰え、減少し、

体脂肪の低いかたでさえ、その問題を
解消するために日々努力しています。

 

merit of plank

 

どうも、ひのまるです。

トップアスリートの間では常識の
トレーニング法、【体幹トレーニング】

一度はその言葉を耳にしたかたも
いるでしょう。または、現在実践中だと
いうかたもいるかと思います。

 

アスリートが体幹を鍛える理由

体幹トレーニングは
アスリートの間では常識。

それには確固とした理由がありますが、

実際のところ、体幹とは身体のどの部分を
指し、具体的にどのような機能を
果たしているのでしょうか?

 

簡単にいえば、頭と腕や脚を除いた
胴体部分になり、日常生活での全ての
動きに携わっていると言っても
過言ではないでしょう。

 

脊柱がなければ、身体は直立することが
できませが、その脊柱に連なっている骨
に力を与え、動かしているのが主に体
幹の筋肉になります。

 

身体を前に倒したり、後ろに反らせる、
旋回や左右に倒す、
直立を保ったまま固定する、

この複数の体幹の筋肉が互いに
連携しあい、姿勢を整え
身体の動きに作用しています。

ですから、アスリートは身体を強く
するために、そして競技レベルを
向上させるために体幹を鍛えることを
重要視するわけです。

 

下腹ポッコリの原因とは?

他にも、体幹には腹圧を高めるといった
作用があります。肋骨の下のお腹には
骨がありませんよね?

だからこそ、身体を前に倒したり、
左右に倒したりと、自由な動きができる
のですが、腹力が弱まってくれば、

fat lower ab

内臓の重さを支えきれなくなってしまい
下腹がポッコリと出てきてしまうのです。

体脂肪が少ないのに、どれだけ食事制限
をしても下腹腹ポッコリが解消されない
原因は、体幹が弱まり内臓が下がってい
るのが原因なのかもしれません。

 

腹筋 VS プランク?

どうすれば体幹の力を
強めることができるのでしょうか?

 

効果的に体幹を鍛えるには、腹筋運動
を思い浮かべるかと思いますが、オススメ
するのは【プランク】という運動です。

とても有名なこの運動は通常の腹筋運動
よりも、より多くの筋肉を動員し、より
広範囲、そして機能的に体幹部分に
負荷を与えていきます。

 

腹筋 VS プランク?

腹筋運動が悪いというわけではありませ
んが、腹筋のデメリットとして腰を痛やすい
ことにあります。

 

上体や脚全体を起こすたびに背骨を床に
押しつける
ことになり、腰に負担をかけて
しまうわけです。

 

腹筋運動が少しの筋肉を動員するのに
対しプランクが優れている点は、体の前面
を始め、肩、背中、腕、脚、お尻、より多くの
筋肉を動員し、バランス良く刺激を
与えることができます。

 

体幹は複数の筋肉が互いに連携しあう
ので、一部分を集中的に鍛えるよりも、
全体を幅広く刺激を与えるほうが
機能的に働くことができるわけです。

 

腹筋運動することなしに下腹を引き締める方法

今回は、プランク運動をすることなしに、
日常生活の中でお腹を引き締めていく
方法を紹介します。

 

やり方は簡単です。
日常生活の中で腹筋を意識しながら
動作、そして姿勢を正しくするだけです。

歩いているとき、電車にの中で立ってい
るとき、もちろん、坐っているときでも
背もたれにドッシリともたれることなく
姿勢を真っ直ぐに保ちます。

 

具体的に言葉で説明するならば、アゴを
引き、胸を張ることによって自然とお腹に
力が入ります。

慣れていないと徐々に肩に力が入ってき
ますので、定期的に【首を軽く回す】【肩を
後ろへ回す】などをして、力の抜けた状態
をキープできるように練習していきましょう。

姿勢を正すと、腹式呼吸も
意識しやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
腹筋を意識し姿勢を正しくするだけで
体幹が活動し退化しにくくなります。

 

余談ですが、僕は海外留学中に
中国武術の【ウィンチュン】と呼ばれる
カンフー
を学んでいました。
(興味のある方はググってください。)

 

そのカンフーは、常に姿勢を正した
状態で戦います。ですから、攻撃を
かわすため前にしゃがんだり、
後ろへ反りかえったりは一切しません。

 

その理念は、姿勢の曲がった
状態では人は効率よく力が出せない
というところからきています。

 

最後に、④点。
【体幹を活性化させるために、日常生活
で姿勢を正して腹筋を意識するコツ】

 

  1. 鼻から息を吸い込み
    肩を前から上に上げる
  2. 口から息を吐きながら
    上から後ろへ、下方向へ落とす
  3. 肩が後ろへ行くと同時に胸も開く
  4. 顎を引き、釣り糸で頭の

【つむじ】をつられていると
意識してください。

 

この姿勢は、男性ならたくましい胸板を、
女性はバストを強調する姿勢になります。

 

最後までお付き合いしていただいて
ありがとうございます。

次回も確実に興味深い情報を
お伝えしようと全力で頑張ります!
SEE YOU NEXT TIME !