front lever

自重トレは毎日できるのか?
効果的なトレーニング頻度は?

【自重トレが毎日できるかどうか?】は、
そのトレーニング全体の負荷の強さに左右されます。

もしあなたが、
1セットにつき8~12回しかできない様な
強い負荷の運動をしているのであれば、

「毎日してはいけません。」

どうも、ひのまるです。
今回のテーマは
■ 自重トレは毎日できるのか?効果的なトレーニング頻度は? ■ です。

その理由を説明する前に、、、

【知っていましたか?】

筋力トレーニングによって筋肥大させるためには、
連続で8~12回しかできないような運動を選ぶ必要があります。
そうしないと、筋肉に損傷を与えることができないからです。

<<<自重トレで筋肥大させる為のレップ数とは?>>>

筋肉が損傷してしまう!?

筋力トレーニングをすると筋肉は「破壊」されます。
ですが、人間には「自然治癒力」が備わっており、

そのダメージを修復する過程で
「同じような衝撃を受けても、耐えられるように強くなります」

↓ 筋肉に損傷を与える
↓ 修復する
↓ 以前よりも強くなる

この過程を繰り返すことにより、
ドンドン筋肉が太く・大きくなっていきます。

ですから、
筋肉が修復されるために必要な十分な間隔を空けてあげる必要があり、
筋肉が修復される過程を「超回復」と呼びます。

その「超回復」、、、

実はその期間、その存在さえも
科学的に証明されているわけではありませんが、
一般的に48~72時間必要です。

【科学的に証明されていないことを
どうすれば信じられるのか?】

先ずは、筋肥大のプロであるボディビルダー達の
長年のトレーニング結果に従ってみましょう。

それから、自分の身体の感覚を掴むクセをつけてくださいね!

自重トレで筋肥大させたい場合の、
効果的なトレーニング頻度とは?

もしあなたが、
これから自重トレを始めるならば、
最低でも1か月間は、全身をバランス良く
鍛えるメニューを週に3回行いましょう。

■ 「月・水・金」、「火・木・土」という様に、
間に1日、筋肉の修復のために間隔を空けてあげましょう。

■ 次の月は、上半身・下半身にトレーニング
を分けて、交互に週4回行いましょう。

例えばこの様に、

training schdule

キッチリと計画通りに行なうのがベストですが、
疲れが溜まっていると感じたら、、、

負荷を弱めた種目に変えて強弱をつけたり、
セット数を落とすなり工夫してくださいね。

まとめ

■ 自重トレであってもトレーニング全体の負荷が
強ければ、毎日してはいけません

「負荷の強いトレーニングとは、1セットにつき、
20回以上できる運動をすることではありません。」

■ 筋肥大に効果的なトレーニング頻度は、
全身、身体を分けてトレーニングする場合により変わる

「全身なら週に3回、
上半身・下半身に分けるのなら週に4回行いましょう。」

「身体を分けてトレーニングする場合は、連続しても構いません。
ですが、最終的な判断は自分の身体の具合から判断します。」

仕事で忙しくなかなか時間が取れないかもしれませんが、
それだからこそ自重トレのメリットを活かして実践するべきです。

良く考えてくださいね、
もしあなたが、100%全力で自重トレを実践すれば
何か月で、たくましくてカッコイイ身体を
手に入れることができると思いますか?

【その期間は、
あなたが思っている以上に短かくなるでしょう。】

なるべく分かりやすく理解してもらえる様に
努力していますが、説明不十分な点もあるかと思います、
質問や疑問、感想なども、お気軽にメッセージくださいね!
全力でお返事します!!!

では、最後までお付き合いしていただきまして
ありがとうございます。

次回も確実に、あなたの身体に
筋肉をつけるための情報をお伝えします!
SEE YOU NEXT TIME !