hannibal for king

自重トレで筋肥大させるために必要なトレーニング計画とは?

ボディビルの世界では「増量期・減量期」、
格闘技の世界では「試合前の期間」、

スポーツの世界では「シーズンオン・オフ」によって
練習メニュー、トレーニングの負荷が変わります。

もしあなたが、
自重トレで筋肥大させたいのなら同様に、
目標を明確にしたトレーニング計画を作り、
トレーニング内容を変化させる必要があります。

どうも、ひのまるです。
今回のテーマは、
■ 自重トレで筋肥大させるためのトレーニング計画 ■ です。

以前、僕が総合格闘技の選手だった頃は、
・基礎体力をつける期間
・筋力をつける期間
・瞬発力をつける期間
という様に分けてトレーニングしていました。

この様に目標を明確にしてトレーニングを行なうことで、
・意識すべき点が定まるので集中しやすい
・少しずつペースを上げるので、ケガが少なくなる
・同じ動作を繰り返すので、正しいフォームが身につく
・同じ動作により、ターゲットの筋肉を上手く使うことができる
などのメリットがあります。

自重トレの場合は?

「自重トレで筋肥大させるためのトレーニング計画」は、
・基礎体力をつける期間
・筋肥大させる機関
・筋力をつける期間 に分かれます。

基礎体力をつける期間は、
全身をバランスよく鍛える期間で、
脚、背中、胸の筋肉を中心にトレーニングします。

筋肥大させる期間は、
上半身・下半身にトレーニングを分け、
8~12レップスの負荷の種目を集中して行います。

筋力をつける期間は、
上半身・下半身にトレーニングを分け、
更に負荷の強い種目、もしくは片腕・片脚
に体重をかけ、
6~8レップスの負荷の種目を集中して行います。

この様にトレーニング計画を作ることにより、
筋肉に対する新たな刺激を与え続けることにも繋がり、
筋肥大に対して更に効果的
です。

まとめ

■ 自重トレで筋肥大させるためには
トレーニング計画をつくることが必要

質問や疑問、感想など、
お気軽にメッセージくださいね!
僕はそういうの大好きです。

では、最後までお付き合いしていただきまして
ありがとうございます。

次回も確実に、あなたの身体に
筋肉をつけるための情報をお伝えします!
SEE YOU NEXT TIME !