背中の厚み、肩周り、洗濯板のような腹筋
~フロントレバーへの道~【 front lever 】

【フロントレバー】 は
瞬発系の種目とは違い、
反動やテクニックだけで
できてしまうようなものではありません。

その見た目はかなりのインパクトがあり、
実際にかなりの体幹・肩周り、
背中の筋力が必要になってきますが、、、

【他の種目と何ら変わることはありません!!】

 

マスターするには、
少しずつ、一歩ずつ、確実に
レベルアップしていけば良いだけです。

 

分かりますよね?

【諦めなければ絶対に、
マスターすることができるということです。】

 

 

front lever

どうも、ひのまるです。
今回のテーマは
■ フロントレバー攻略 ■

 

自重トレ―二ングの大きな要素、
自分で自分の体をコントロールするということが、
非常に体感しやすいのがこの種目【フロントレバー】です。

 

腕が上半身にあるために、
体を水平に保つには、
重心を上手くコントロールする必要があります。

 

腕を一直線に保つ必要があるため、
上腕二頭筋(力こぶ)は、実はあまり使いません。

 

体を一直線に保つために【強い体幹力】が必要で、
特に、肩周り・【腕のつけ根周り】の筋力も必要です。

 

 

僕は体操選手ではありませんし、
経験もありませんので、
今回ご紹介する方法がベストかは分かりませんし、
事細かい調整法を挙げればキリがありません。

ですが、この通りに実践していて行けば確実に、
フロントレバー攻略の時間は短縮されるでしょう。

 

 

では、早速ご覧ください!

フロントレバーへのステップ

1、タックニーフロントレバーロウ 【 tuck knee inverted rows 】

ヒザを曲げ、体に近づけた状態で、
垂直ではなく、水平に保ったまま体を引き上げます。

 

 

ここから先はちょっと特殊

ここから各種目の前、
もしくはトレーニングの休みの日に、

【スキルトレーニング】を加えます。

■ チェストプルアップ 【 chest pull ups 】

胸を鉄棒につけるように、
・体を引き上げる
・腕を引き下げる
を同時に行なってください。

 

 

■ ネガティブ 【 negative 】

その時点で練習している種目、
または負荷の弱い種目で、
体を出来る限りゆっくりと下ろします。

この 2 種目を十分な休憩を入れながら、 疲れすぎないように、感覚を確かめながら行います。

顔の視線やつま先の向き、
手の幅や鉄棒を握る深さ、
個々により身長やリーチ、手の大きさが
変わりますので自分で発見してください。

 

2、アドバンスドタックニーフロントレバー 【 advanced tuck knee front lever 】

ヒザを少し伸ばして負荷を上げ、
体を水平の状態を保ちます。
体を上げ下げする必要はありません。

 

 

3、ワンレッグエクステンドフロントレバー 【 one leg extended front lever 】

一方の脚を伸ばして負荷を上げています。
腰が折れて【く】の字になりやすいので注意です。

 

 

4、ストラドルレッグスフロントレバー 【 straddle legs front lever 】

両足を広げた状態で行ないます。

 

 

5、フロントレバー 【 front lever 】

腕・体を一直線に保ってください。
腕が曲がると、その地点に体重が掛かります。

上腕だけで勝負するのか?
腕のつけ根周りの筋肉を
総動員して勝負するのか?の違いです。

 

 

まとめ

大事な点が ② 点

① 腕の内側が大胸筋の外側に密着するほど、
手の幅は狭くしてください。
(肩幅より少し狭いくらい)

脇が開き、腕と体が離れると力がでません。
脇を締めることにより、多くの筋肉を動員できます。

 

② 視線は足元を見ない
足元を見ようとすると首が折れ、腰も折れます。
(胸を開いて反るぐらいでも良いです)

頭の先からつま先まで一直線、腕を繋げて、
一つの物体として機能させます。

僕は昔、

「こんなことができるのは
【体操競技出身】の人達だけなんだろうなぁ~」

と思ってました。

でも今は、自信を持ってこのように言えます。
【諦めなければ必ずできるようになります!】

あと一つ、
この種目をマスターしなくても、
【理想の体になれます^^】

 

どんな種目、
どんな方法であっても基本が大事。
負荷の強い種目に挑戦するほど
その大切さが実感できると思います。

上手く行かなければ
基本に戻って挑戦してみてください!

 

なるべく分かりやすく
理解してもらえる様に努力していますが、
説明不十分な点もあるかと思います、

質問や疑問、感想なども、
お気軽にメッセージくださいね!
全力でお返事します!!!

最後までお付き合いしていただいて
ありがとうございます。

次回も確実に、あなたの身体に
筋肉をつけるための情報をお伝えします!
SEE YOU SOON !