朝活のメリット

「朝活」:
朝の時間を何かしら自分の為に有効活用し、
趣味や健康、資格や仕事などに取り組むこと。

過去の偉大な人や成功者、仕事のできる多くの
人物は、朝の時間を有効活用しています。

そんな朝の時間をキックスタートさせ、
「時間のない、朝の運動後」にも使える、

簡単で、しかも全身をストレッチできる方法があれば
良いと思いませんか?

quick stretch

どうも、ひのまるです。
朝の少しの時間、
必要な運動をササッと終わらせてしまい、

充実した気分で仕事や家事などに
集中して取り組めたとしたら、
どんなに素晴らしいでしょうか?

良い気分は仕事や家事をスムーズに運び、
その後の食事も気分良く食べることができ、
寝る前には次の日の用意をして、ぐっすり眠る。

そして次の日も、また同じように早く起きて運動し、
気分良く一日をスタートさせたいと思うはずです。

 

 

立ったまま、座位でも。場所を選ばずにできる、、、

今回紹介するのは「クイックストレッチ」。

ですが、「運動後のストレッチ」
のように床の上でするのではなく、
立ったまま全てを行うストレッチです。

立ったまま行なうので場所を問わず、
学校の授業の合間や、仕事場のオフィスでも、
さらに、座ったままで行なうことも可能です。

 

手軽にできるストレッチですが、
その効果は直後に肌で感じることができますし、
仕事でよく使う体の場所や、

デスクワークで長時間同じ姿勢の方は、
その都度、体を「ほぐす」ことができるでしょう。

 

こまめにストレッチして柔軟性が上がれば、
「疲れにくく、痩せやすい体」になっていきます。

少しテンポの良いストレッチは交感神経を刺激するので、
食前に行なえば食欲を落ち着かせることができ、
理想の体へとさらに加速させるでしょう。

 

では、どのようなものか動画で見てみましょう!
忙しい朝に便利、手軽にできる全身ストレッチ

いかがでしたでしょうか?
時間のある時はもっとゆっくりと深く角度をつけて行い、

仕事中に行なう場合などは、体が温まっていないので
あまり無理をしないように行ってください。

どれくらいするかは、その時の持ち時間や、
トレーニングの負荷を考慮してくださいね。

 

ちなみに、座位で行なう場合、、、。
stretching on chairsstretching between legs

 足を広げれるのなら、股割り!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本来ならば、キッチリと
「運動後のストレッチ」を行なって欲しいのですが、

地面が濡れている状況や、時間に余裕がない、
または仕事先などで手軽に行なえる「クイックストレッチ」、

・起床時
・10時、3時
・毎食前

という風に決めて行えば、
忘れにくく習慣化しやすいですよね?

ドンドン気持ち良いポーズを付け加えて、
自分好みの「クイックストレッチ」を作ってみてください!

今日実際に仕事の合間や、
もしくは今スグに行なってみましょう!

物事を習慣づけるために、
「やってみる」
ことが一番大事ですからね!

 

長くなりましたが、最後まで
読んでいただいてありがとうございます。

次回も確実に興味深い情報を
お伝えしようと全力で頑張ります!
SEE YOU NEXT TIME !