あなたは毎日、
何かの運動をしてますか?

 

多くのかたに人気の有酸素運動として、
ウォーキング・ジョギング、
サイクリング・水泳などがありますが、

それらの運動に少しの変化を加えるだけで、
劇的にその脂肪燃焼効果を
アップさせることが可能です。

 

あなたは過去に、
このようなことを感じたことはありませんか?

 

「運動する時間がない。」

「とにかく、今は脂肪を落としたい」

「運動習慣をつけたいけど、
いつも同じコースを走るジョギングは退屈だ。」

 

それならば、この運動方法を
試してみてはどうでしょうか?

 

body weight cricut training

どうも、ひのまるです。

今回は、
サーキットトレーニングのメリット
そしてメニューも紹介したいと思います。

 

 

サーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニングとは
大体8~12種目の運動を組み合わせ、
あらかじめ決められた時間の間、
1種目ずつ運動をおこないます。

種目と種目の間には少し
又は全く休憩を挟まず、

有酸素運動と無酸素運動を
交互におこなうことによって
心拍数を高い状態に保ったまま
運動する方法です。

 

無酸素運動(筋力トレーニング)は、
筋肉つけて体脂肪を燃やしてくれる「焼却炉」を作る。

有酸素運動(スキップなど)は、
焼却炉のスイッチを入れる、というイメージです。

 

 

サーキットトレーニングのメリット

メニューの組み方によって
得られる効果は様々ですが、

代表的なものは

  • 脂肪燃焼効果が高まる
  • 筋持久力がつく
  • 全身をバランス良く鍛えることができる
  • 飽きることなく楽しめる

これらの効果が一度に得られることから、
有酸素・無酸素運動を別々におこなう必要が
なくなり時間の短縮にもつながるわけです。

 

 

自重サーキットトレーニング
【脂肪燃焼優先】メニュー

ウォーミングアップ

運動前には必ず
ウォーミングアップをおこないましょう。

ウォーミングアップとしては
以下のような運動を5分から10分ほど、
少し汗ばむ程度までおこないます。

  • 軽いジョギング
  • 縄跳び
  • ラジオ体操
  • ダイナミックストレッチ

飲料水、タオル、キッチンタイマー(時計)
も用意しておいてくださいね。

 

 

では、動画でどのようなものか見てみましょう!

サーキットトレーニングメニュー【動画】

こちらが今回の
サーキットトレーニングの全種目になります。
      ↓↓↓

1 アブクランチ 各20回
2 リバースクランチ 各20回
3 プランク with レッグレイズ 各5回
4 サイドアブクランチ 各20回
5 ワイドプッシュアップ 10回
6 ヒップリフト with レッグレイズ 各5回

15分間、自分のペースで休むことなく
おこなってください。

 

 

ウォーミングダウン

メニュー終了後、すぐには止まらず
その場足ぶみなどで呼吸を整えた後、
このようなストレッチをおこないましょう。
   ↓↓↓
<< ストレッチの方法 【動画解説】 >>

ストレッチをキチンとすることによって
疲労回復につながりますからね!
夜もよく眠れますよ~。

 

サーキットトレーニング中に休憩時間は
ありませんが、休憩したい場合には、
その場足踏みをしながら呼吸を整えてください。
急に止まらないようにしてくださいね。

 

もし、
【スタンディングアブクランチ】
【スタンディングサイドアブクランチ】

これらの負荷が強すぎる場合は、
スキップジャンプをせずに
その場で足踏みとヒザの上げ下げを
おこなってください。

ジャンプがあるかないかで、
格段に負荷が変わります。
   ↓↓↓
【スタンディングアブクランチ】
standing ab crunch

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ウォーミングアップ・ダウンを含め
1 回 20 分ほどの運動、週に 3 回、
1 日おきに実践するだけで結構です。

慣れるまではこのような運動を週に 2 回、
他の日はウォーキングを実践してみるなど
継続していく工夫などはいくらでもあります。

運動の強度も、【キツイ】の手前、
【ややキツイ】程度で十分。

 

このような運動を習慣化することから
始めてみて、少しの食事制限を併用し、
理想の身体を手に入れましょう!

 

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

次回も確実に興味深い情報を
お伝えしようと全力で頑張ります!
SEE YOU NEXT TIME !