頑張った身体へのご褒美は、、、。

ストレスの多い現代、
忙しい日中を過ごした後、

疲れた身体に鞭を打ち、
トレーニングを頑張り、
汗を流したその後に、
あなたが口にしたい飲み物は、

 

プロテインシェイク?

 

それとも、
キンキンに冷えたビール?

 

でも、
今までに考えたことありませんか?

 

「トレーニングの後に、
酒を飲んだらどうなるんだろう?」

drinking is bad for training

どうも、元総合格闘家、
自重トレ専門コーチ【ひのまる】です。

 

今回は、
【アルコールが筋肉に対して
どのような作用を起こすのか】を解説します。

 

 

筋肉の合成に欠かせない、
あらゆるホルモンの減少

【ステロイド】というものを知ってますか?

筋肉の合成を活発にさせるための
【クスリ】ですが、もちろん危険薬物です。

 

あなたの身体には、天然のステロイド
【テストステロン】を作ることができ、
運動後に多く分泌されます。

 

他にもトレーニング後と睡眠中に多く分泌される
【成長ホルモン】があります。

 

【テストステロン】、【成長ホルモン】
この2つのホルモンは筋肉が
発達するのに欠かせないもので、
これらの分泌量多ければ多いほど、
筋肥大率が高くなるのですが、

【アルコールはテストステロン
の分泌量を減少させます】

 

さらに、アルコールは自律神経に作用し、
あなたを興奮状態にさせます。

当然その夜、熟睡することができず、
睡眠中に分泌される成長ホルモンの量も減少します。

ホルモンの減少は、
仕事で忙しいあなたが何とか時間を捻出し、
歯を食いしばって頑張った成果が、
【100%反映されない】ということに繋がります。

そればかりではなく、
トレーニングによって傷ついた筋肉を
修復する能力も減少します。

 

では、
完全にお酒をやめなければいけないのか、、、

できれば、そのほうが良いのですが、
仕事の都合上、お酒の席を断る
ことができないことってありますよね?

 

 

身体に負担をかけないようにできること

もし、お酒を飲む機会があるのなら、
なるべく身体に負担を掛けないように
工夫してみましょう。

  • 飲む前にあらかじめ水を沢山飲んでおく
    肝臓がアルコールを分解するには
    沢山の水が必要です。

 

  • チーズや牛乳などを飲む前に食べておく
    乳製品は胃壁に脂肪膜を作り、
    吸収を穏やかにしてくれるので
    悪酔いしなくなります。

 

  • 飲んでいる間は、豆腐や枝豆を食べる
    肉・魚・乳製品・大豆食品には
    【メチオニン】という物質が含まれ、
    アルコールの分解を促進させて
    悪酔いや二日酔いを軽減させてくれます。豆腐はヘルシーですし、枝豆は【さやをむく】
    という作業が必要なため、食べ過ぎを防いでくれます。

 

  • 締めのラーメンの代わりに【そば】、
    もしくは【お茶漬け】にする
    そばはGI値が低く、お茶漬けは温かく、
    汁も飲めるので満腹感があります。

 

  • 寝る前にも水を飲んで寝る

 

お酒の席では
沢山飲まなければならない、
締めのラーメンを食べなければならない
という理由はありませんからね。

 

 

まとめ

お酒は肉体改造にとって、
明らかにマイナス要因です。

特に、トレーニング直後は
筋肉の合成が活発になっている時なので、
そのタイミングでお酒を飲んでしまうと、
トレーニングの頑張りが無駄になってしまいます。

 

もしあなたが、肉体改造を成功させ、
本気で体を変えたいと思うのであれば、
2か月ほど酒抜きをしてみる価値は十分にあります。

トレーニング初期2,3か月の頃は
劇的に身体の変化の起きる時期です。

 

その後、見違えった自分の姿を見た時、
最高の気分になるのは間違いありません。

 

サラリーマンにとって
お酒は切っても切れない存在。

完全に止める必要はありませんが、
アルコールは筋肉にとって
マイナスだということは認識し、
上手に付き合ってくださいね。

 

なるべく分かりやすく、
理解しやすいように努力していますが、
説明不十分な点もあるかと思います、

質問や疑問、感想なども、
お気軽にメッセージくださいね。
全力でお返事します!
SEE YOU NEXT TIME !